PostgreSQL編

PostgreSQLの特徴はなんといってもVACUUM処理です。

テーブルファイル内に追記型構造にてレコードを格納することで、非常にシンプルにMVCCモデルを実現している反面、 不要領域を定期的に削除するためのVACUUM処理を定期的に実行する必要があります。
UPDATEやDELETEの更新処理が多いシステムでは、頻繁にVACUUM処理を実施しないとPostgreSQLのデータベース処理の性能が低下します。

簡単に言うとUPDATEやDELETEを行っても、実際にはデータは変更・削除されておらず削除フラグが付くだけなのです。
UPDATE
元のデータに削除フラグを付ける+レコードの追加
DELETE
元のデータに削除フラグを付ける
(もう少しきれいな構成になっています)

この削除フラグの付いたものを消去する処理がバキュームです。

その他の特徴

The PostgreSQL Global Development Groupを中心としたコミュニティにより開発されています。

BSDライセンスなので無料で使用できます。

サーバアーキテクチャはマルチプロセス構成

テーブル、インデックス単位のファイルのデータ構造です。


リファレンス・小事典


ぺんたん.info あかいひ.com IPくん.com 8枠.com - 競馬情報 galhime.com

PC Q&A|Linux|古い記事|雑学|ラーメン